コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内のカレンダー市場

1件 の用語解説(国内のカレンダー市場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内のカレンダー市場

二十数年前のバブル期は年3億部だったが、ここ数年は2億部まで減った。金額では800億円から600億円ほどに縮小。現在、部数の半分は印刷大手が生産する大企業向けで、残りが中小メーカーによる商店や個人向けだ。

(2013-11-28 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国内のカレンダー市場の関連キーワード宇宙のバブル構造バブル現象バブルマネーバブル時代バブル世代バブル崩壊ナノバブル酸素水ナノバブル水 清瀧峠きよたきとうげバブルマンナノバブル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国内のカレンダー市場の関連情報