コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)

中小企業や自治体がCO2排出削減分を大企業などに売却でき、購入した企業は自社の削減目標に利用することができる。京都議定書の目標を達成するため、国が2008年度から導入した。第三者機関である「国内クレジット認証委員会」に事業計画を申請し、削減できた実績が認証されれば、排出枠として売買できる。

(2010-12-21 朝日新聞 朝刊 愛媛全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)の関連キーワード中小企業

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android