コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内取引所の地盤沈下

1件 の用語解説(国内取引所の地盤沈下の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内取引所の地盤沈下

東証によると、香港の主要取引所の時価総額は1989年に6兆2千億円だったのが2007年には30倍の182兆円に。シンガポールの主要取引所もこの期間に13倍の38兆円へと急増した。欧米の主要市場も4~7倍に拡大したのに対し、東証は1・06倍にとどまった。大証傘下の新興市場新ジャスダック」の時価総額は、世界最大の新興市場である米ナスダックの30分の1。札幌、名古屋、福岡の各取引所も上場企業数が伸び悩むなどの課題を抱える。

(2010-11-04 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone