コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内製造業の空洞化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国内製造業の空洞化

経済産業省の調査によると、国内の工場立地件数は02年を底に回復傾向にあるが、最近のピークの89年に比べると05年は約3分の1にとどまる。背景には海外移転のほか、機械化の進展や中小企業の後継者難などがある。国内製造業の就業者数も92年のピークから400万人以上減り、05年は1142万人になった。日本総合研究所の試算では、生産現場の人材不足が深刻化するのは、団塊世代が60代後半になる2010年以降。15年までに34万人の労働者が不足する見通しという。

(2006-07-05 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国内製造業の空洞化の関連情報