コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国助 くにすけ

大辞林 第三版の解説

くにすけ【国助】

?~1647) 江戸初期、大坂の刀工。小林氏。初代河内守国助の子。初代と三代の間であるため、中河内と称される。挙形丁子という独特の刃紋を完成。大坂新刀盛期の代表刀工の一人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国助の関連キーワード阿部正次山之井マザニエッロ高校授業料の無償化斎藤徳元杉山杉風ベール坂田藤十郎人民協定パトニ討論

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国助の関連情報