国助(読み)くにすけ

大辞林 第三版の解説

くにすけ【国助】

?~1647) 江戸初期、大坂の刀工。小林氏。初代河内守国助の子。初代と三代の間であるため、中河内と称される。挙形丁子という独特の刃紋を完成。大坂新刀盛期の代表刀工の一人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android