コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国営諫早湾干拓事業の開門問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国営諫早湾干拓事業の開門問題

農地確保と洪水被害解消を目的として国が1989年に着工した。総事業費は2533億円。湾の閉め切りで不漁になったとする漁業者に対し、干拓地農業者開門すれば塩害が起きると反発。2010年には国に開門を命じた福岡高裁判決が確定したが、昨年11月、長崎地裁は開門を認めない決定を出した。確定判決を守らない国は、漁業者ら49人に1人1日1万円を支払うよう佐賀地裁に命じられ、今月10日に初めて支払った。一方、開門したら同額を農業者らに支払う決定も長崎地裁が出している。

(2014-07-12 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android