コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国営農地開発事業

1件 の用語解説(国営農地開発事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国営農地開発事業

70年度に創設された400ヘクタール以上を対象とした大規模な農地開発事業。89年度に廃止となり、03年度にはすべての事業が終了している。農地整備、土地改良、農道整備、農業用水確保のダム建設などが展開された。事業化されたのは全国で176地区。東北では藤沢町も含め20地区で実施された。農業用ダムを含んだ場合の事業費の平均額は368億円。

(2006-10-26 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国営農地開発事業の関連キーワードヘクタール密集市街地担い手経営安定対策アイランドシティ(人工島)マリンポートかごしま新農業制度梅田北ヤード人工林と間伐福岡市の人工島岩国基地の新滑走路

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone