コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国営農地開発

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国営農地開発

原則400ヘクタール以上を対象とした大規模な農地開発事業。県内では1965年から91年にかけて奥能登の7カ所に423億円を投じて2560ヘクタールが造成された。栗や桑、たばこ、畜産が目的とされた。最近は、耕作放棄地山菜有機野菜大豆などの栽培に活用する動きも出ている。全国の事業費や面積について農林水産省農地資源課は「戦後の食糧増産の時代から始まっており、面積や予算規模は不明」としている。

(2012-09-28 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国営農地開発の関連キーワード追分(北海道)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android