コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国定忠次・国定忠治 くにさだちゅうじ

大辞林 第三版の解説

くにさだちゅうじ【国定忠次・国定忠治】

1810~1850) 〔「国定忠治」とも書く〕 江戸後期の博徒。本名、長岡忠次郎。上野こうずけ国国定村の人。若くして俠名諸方にきこえた。殺人・関所破りの罪で、磔はりつけの刑に処された。講談・芝居に脚色される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国定忠次・国定忠治の関連キーワード国定忠治関所破り講談博徒