コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国宝金印

1件 の用語解説(国宝金印の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国宝金印

一辺2.34センチ四方で、漢代の一寸に相当。紀元57年、中国・後漢王朝の光武帝が、「魏志倭人伝」にも記されている奴国の国王に贈ったとされる。江戸時代、現在の福岡市東区志賀島で百姓甚兵衛が見つけたといわれるが、出土状況には謎が多い。福岡市博物館で展示されている。

(2013-02-18 朝日新聞 夕刊 心歴史)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国宝金印の関連キーワード四方真顔ムササビ一辺下種の一寸のろまの三寸四方貫蛇は一寸にして人を吞む御センチ蛇は一寸にして人を呑む胸三寸に納める竜は一寸にして昇天の気あり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国宝金印の関連情報