コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家公務員の共済組合

1件 の用語解説(国家公務員の共済組合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国家公務員の共済組合

大半は省庁ごとに組織され、健康保険と年金機能を併せ持つ。組合員は給与から掛け金を払い、医療費に充てられる短期掛金率の平均は年収の千分の30・59(04年度)。民間の健康保険組合で短期掛金率に相当する保険料率の平均は33・42(同、健康保険組合連合会調べ)で、サラリーマンの平均年収で換算すると公務員の方が年1万円ほど割安だ。厚労省第二共済組合は旧国立病右療養所146病永現国立病院機構)と国立高度専門医療センター8病陰国立ハンセン病療養所13病院の医師らで組織され、代表は厚生労働大臣

(2006-12-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国家公務員の共済組合の関連キーワード健康保険組合健康保険法社会保険料保険医政府管掌健康保険全国健康保険協会保険診療協会けんぽ会社員らの社会保険全国健康保険協会(協会けんぽ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone