コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家公務員の共済組合

1件 の用語解説(国家公務員の共済組合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国家公務員の共済組合

大半は省庁ごとに組織され、健康保険と年金機能を併せ持つ。組合員は給与から掛け金を払い、医療費に充てられる短期掛金率の平均は年収の千分の30・59(04年度)。民間の健康保険組合で短期掛金率に相当する保険料率の平均は33・42(同、健康保険組合連合会調べ)で、サラリーマンの平均年収で換算すると公務員の方が年1万円ほど割安だ。厚労省第二共済組合は旧国立病右療養所146病永現国立病院機構)と国立高度専門医療センター8病陰国立ハンセン病療養所13病院の医師らで組織され、代表は厚生労働大臣

(2006-12-24 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone