国家公務員の新規採用抑制

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国家公務員の新規採用抑制

民主党政権はマニフェスト国家公務員の総人件費2割削減を掲げ、2011年度に09年度比で37%減、12年度に同26%の採用抑制を実施。岡田克也副総理の指示で13年度は同56%減となった。削減幅が最も大きいのは財務省の60・8%。最も小さいのは原子力規制庁発足を控える環境省の38・6%。

(2012-04-21 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android