国家安全保障会議[アメリカ合衆国](読み)こっかあんぜんほしょうかいぎ[アメリカがっしゅうこく](英語表記)National Security Council; NSC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家安全保障会議[アメリカ合衆国]
こっかあんぜんほしょうかいぎ[アメリカがっしゅうこく]
National Security Council; NSC

アメリカ合衆国の安全保障にかかわる国防・外交政策全般について大統領に助言する大統領府の機関。1947年,冷戦を背景に国家安全保障法によって設置された。同法はまた,それまでの陸軍省海軍省を統合して国防省を発足させている。国家安全保障会議の議長は大統領が務め,会議には大統領のほか副大統領,国務長官,国防長官および法規上のアドバイザーとして中央情報局 CIA長官,統合参謀本部議長が出席する。実際に立案,提言を行なうのは国家安全保障会議事務局長,すなわち国家安全保障問題担当の大統領補佐官であり,ヘンリー・A.キッシンジャーが事務局長時代,リチャード・M.ニクソン大統領の事実上の国務長官といわれたことは有名である。国務省,国防省との関係は長官,事務局長によって変化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android