国尽くし・国尽し(読み)くにづくし

大辞林 第三版の解説

くにづくし【国尽くし・国尽し】

日本六十余国の国の名を口調よく並べあげたもの。室町時代に起こり、江戸時代から明治時代初めにかけ、習字手本として使用された。
雑俳の一種。国名を句中によみこむもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android