コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国栖・国樔・国巣 くず

大辞林 第三版の解説

くず【国栖・国樔・国巣】

記紀で、大和国吉野川上流の山地に住んだとされている部族。また、その村落があった地名。奈良・平安時代、朝廷の節会などに参賀して歌笛を奏したりした。くずびと。くにす。 → 国栖の奏そう
能の一。五番目物。大友皇子に追われて吉野の国栖に乱を避けた大海人皇子おおあまのおうじが蔵王権現の化身である老人の助けで追っ手の難を逃れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国栖・国樔・国巣の関連キーワード大友皇子蔵王権現追っ手歌笛国栖節会

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android