コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民的議論に関する検証会合

1件 の用語解説(国民的議論に関する検証会合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国民的議論に関する検証会合

2030年の電力に占める原発の割合について、国民から集まった声をどう評価するかを検討するため、政府が今月つくった。座長を古川元久国家戦略相が務めるほか、世論調査などに詳しい大学教授ら8人が参加する。約8万9千件が集まったパブリックコメントの分析や、初めて実施した討論型世論調査の結果の扱いを議論してきた。

(2012-08-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民的議論に関する検証会合の関連キーワード進学率連単倍率コンバインドレシオへーリングの第二法則元利均等返済米国の原発浜岡原発の地震対策東京電力による自治体への寄付これまでの老朽化原発の運転継続原発の温排水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民的議論に関する検証会合の関連情報