コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国永 くになが

大辞林 第三版の解説

くになが【国永】

平安中期、山城の刀工。京五条、また粟田口にも住む。兼永の子(弟とも)。本名一条弥太郎と伝える。名物「鶴丸」(御物)を作刀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国永の関連キーワード米国抽選永住権プログラム(Diversity Visa Program 略称:DVプログラム)あべかつのりユン チアン日本年号一覧結城孫三郎ミハイ1世吉川家文書少弐景資土井利和三条宗近大円仏通五条国永今北洪川五条兼永結城座日本刀本郷氏山城物粟田口御物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国永の関連情報