コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国済 こくせい

大辞林 第三版の解説

こくせい【国済】

中世、主に段銭・段米を荘園現地で守護の使節に納入すること。 ⇔ 京済きようせい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国済の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)富田高慶(とみたたかよし)キエビネ(黄蝦根)木村 兵太郎あま(海人)京済・京成東潜夫論経営理念経世済民孤峰覚明並河天民太田省吾金聖香深谷城内道場金井延金石範経国京済段銭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android