コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立チェルノブイリ博物館

1件 の用語解説(国立チェルノブイリ博物館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国立チェルノブイリ博物館

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故を伝える施設。ウクライナの首都キエフで1992年に開館し、事故当時の文書や写真、防護服といった装備品などを展示する。年間で約7万人が訪れ、うち2千人以上が日本人だという。福島第一原発事故の被害状況や、相馬野馬追などに関する展示もしている。

(2014-04-19 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立チェルノブイリ博物館の関連キーワードチェルノブイリ原発事故チェルノブイリ夜起きЧерновцы退化チェルノゼムスリー・マイル・アイランド原発事故菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援チェルノブイリ医療支援ネットワーク菅谷昭松岡信夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立チェルノブイリ博物館の関連情報