コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立公園と地熱発電

1件 の用語解説(国立公園と地熱発電の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国立公園と地熱発電

現在、国内で事業用に地熱発電が行われているのは、道内唯一の森町の発電所(認可出力5万キロワット)を含む13カ所。地熱資源の8割を占める国立・国定公園内について、国は1974年以降、新規の地熱開発計画を認めず(96年に特別地域以外は緩和)、国立公園内の稼働開始は78年の十和田八幡平国立公園の発電所(岩手県)が最後となっている。環境省経済産業省は昨年3月、CO2の削減要求や福島第一原発事故を受けた再生可能エネルギーの推進策として、地元の合意形成や小規模開発などを条件に特別地域内の例外を認めた。大雪山の地区は、道立地下資源調査所の68~72年の掘削調査で4万キロワット程度の地熱発電能力が推定されている。

(2013-04-01 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立公園と地熱発電の関連キーワード地熱発電新エネルギー利用特別措置法沸騰水型炉タウポ[湖]地熱発電所中山間保全整備事業八丈島の再生可能エネルギー利用拡大構想大岳[温泉]松川地熱発電所地熱エンジニアリング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone