コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立公園霧島

1件 の用語解説(国立公園霧島の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国立公園霧島

1934年3月16日に日本初の国立公園一つとして「霧島国立公園」が指定を受けた。64年に錦江湾屋久島地域が編入され、2012年には屋久島が分離。現在は「霧島錦江湾国立公園」(陸海域の総面積7万4441ヘクタール)となっている。霧島地域は陸域2万386ヘクタールに韓国岳(1700メートル)、高千穂峰(1574メートル)、新燃岳(1421メートル)などの山々が密集。連山の景観や火山活動で育まれた生態系は貴重とされ、高山植物ミヤマキリシマやノカイドウはその代表例だ。

(2014-03-10 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立公園霧島の関連キーワードクレーターレーク国立公園国立公園リッチーW国立公園西表国立公園クートニー国立公園スカフタフェットル国立公園ザクーマ国立公園アルバート国立公園ヒドゥンバレー国立公園

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone