コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立大学法人の固定資産税

1件 の用語解説(国立大学法人の固定資産税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国立大学法人の固定資産税

大学独自の裁量を増やし、民間の発想や経営手法を活用しようと、04年に国立大学が法人化された。法人化以前は非課税だった建物や土地の固定資産税は、使用形態によって課税できるようになった。課税対象は「国立大学法人以外の者が使用する固定資産」で、民間企業に貸すなどして大学法人の管理下にない場合とされる。これにより、大学を抱える自治体に国から支給されていた交付金は打ち切られた。私立大学については非課税になる施設は「教育目的の用途」に限定されている。

(2006-05-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立大学法人の固定資産税の関連キーワード経営者裁量肥育プラグイン・ハイブリッド裁量処分独創水増し類歌裁量権強化ミルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone