コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連スーダン派遣団

1件 の用語解説(国連スーダン派遣団の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国連スーダン派遣団

北部のスーダン政府と南部の反政府勢力との間で20年以上内戦が続いたが、2005年に南北包括和平合意が成立。これを受けて停戦監視や選挙支援などのため、67カ国が軍事、警察要員約1万600人(5月末現在)を派遣している。日本は08年10月から参加し、首都ハルツームの本部に司令部要員として自衛官を2人派遣している。

(2010-06-19 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連スーダン派遣団の関連キーワードCC団スーダングラスタジキスタンダルフール危機コートジボワール内戦ベリーダンス反政府スーダン内戦とダルフール紛争暫定政府とイスラム法廷連合(UIC)スーダン内戦と国連スーダン派遣団(UNMIS)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone