コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)

イスラエル軍の撤退確認と停戦監視を任務に、国連が1978年に創設。現在は南部のイスラエル国境地帯にフランス、中国など7カ国の約2千人が駐留している。地雷や不発弾の処理のほか、緊張の高まりを受けて民間人の避難や、輸送車両の護衛、食糧・援助物資の配給活動なども行う。これまでに250人を超す犠牲者を出している。中東のゴラン高原で自衛隊も参加して活動している国連兵力引き離し監視軍(UNDOF)とは別組織。

(2006-07-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)の関連キーワードイスラエル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android