国連環境計画国際環境技術センター(読み)こくれんかんきょうけいかくこくさいかんきょうぎじゅつセンター(英語表記)International Environment Technology Center; UNEP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連環境計画国際環境技術センター
こくれんかんきょうけいかくこくさいかんきょうぎじゅつセンター
International Environment Technology Center; UNEP

発展途上国に対する環境保全技術移転のために日本に設置される国連の機関。環境分野での国際貢献策として,各自治体の発案に基づき,日本政府が誘致を進めていたもので,1991年,国連環境計画 (UNEP) の管理理事会で正式決定された。環境関係の国連施設としては日本で初めてのもの。大阪市の大阪センターでは大都市の環境管理滋賀県草津市の滋賀センターでは淡水湖沼の環境管理を中心に取組むことが決り,順次活動を開始する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android