コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連軍と日本

1件 の用語解説(国連軍と日本の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国連軍と日本

朝鮮戦争の国連決議に基づく「国連軍」は、米国を中心に占領下の日本に駐留していた英国、オーストラリアニュージーランドなどが参加。1954年の地位協定では、日本に駐留する国連軍の軍人・軍属・家族による刑事事件について、北大西洋条約機構(NATO)の地位協定並みに日本側の優先的裁判権を容認。国連軍が飛行場や港湾など日本の施設を使用できる権限も定められた。休戦中の現在も協定は存続し、「朝鮮半島の平和と安全の保持」のため、米軍横田基地に国連軍の後方司令部が置かれている。日本国内の施設を使う地位協定を結んでいるのは米軍と国連軍だけ。

(2013-10-31 朝日新聞 朝刊 東特集B)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連軍と日本の関連キーワード国連軍縮委員会朝鮮戦争国連決議UNEP米国の対北朝鮮制裁決議草案北方限界線(NLL)国連安保理決議と議長声明飛行禁止空域北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル朝鮮国連軍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国連軍と日本の関連情報