コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際化拠点整備事業(グローバル30)

1件 の用語解説(国際化拠点整備事業(グローバル30)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際化拠点整備事業(グローバル30)

2008年に福田首相が提唱した「留学生30万人計画」に基づき、文部科学省が国際化拠点大学を選び、重点的に財政支援をする事業。高等教育の国際力強化や国際的に活躍できる高度な人材を育成するのが目的。英語だけの授業で学位が取得できる態勢づくりをはじめ、専門スタッフによる留学生の生活支援や就職支援などを進める。留学生の受け入れ拠点となる大学を30程度選ぶが、今年度はまず7月に13大学を採択した。各大学には年間2億~4億円が5年間継続して交付される。採択された大学は次の通り。東北大、筑波大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大、慶応大、上智大、明治大、早稲田大、同志社大、立命館大。

(2009-12-19 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際化拠点整備事業(グローバル30)の関連キーワードBCS理論EAECASCOJAルックイースト欧州合衆国とユーロ圏共鳴(シナジー)外交地域活性化統合本部核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)アジア欧州会議(ASEM)福田篤泰

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際化拠点整備事業(グローバル30)の関連情報