コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際収支説(Theory of International Indebtendness)

外国為替用語集の解説

国際収支説(Theory of International Indebtendness)

為替レートは国際収支で決定されるという為替相場決定理論の一つ。経常収支が黒字になると、日本が受取った外貨を円に交換するため、外貨を売って円が買われ、為替レートは円高・ドル安に動く。経常収支が赤字になると、外国に外貨を支払う必要が生じるため、円を売って外貨が買われ、為替レートは円高・ドル安に動く、という理論。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

国際収支説(Theory of International Indebtendness)の関連キーワードアルバート アフタリオンアフタリヨン国際収支説国際貸借説為替心理説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android