コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際宇宙ステーション(ISS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際宇宙ステーション(ISS)

地上から約400キロ上空の宇宙空間に建設された有人実験施設。米国やロシアなど計15カ国が協力して運用。サッカー場とほぼ同じ大きさで、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日米欧がそれぞれ実験棟を運営し、日本は「きぼう」を開発した。

(2018-01-01 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

国際宇宙ステーション(ISS)

日米ロ、欧州カナダの15カ国が参加し、98年に建設開始。2000年から宇宙飛行士長期滞在している。投資額は1千億ドル(約11兆円)程度とされ、日本は約1兆円を負担した。サッカー場程度の大きさで、地球の約400キロ上空を1周約90分で回っている。

(2018-02-13 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国際宇宙ステーション(ISS)の関連キーワードNASAリンドン・B・ジョンソン宇宙センターH2 Transfer Vehicleスペースシャトル・ディスカバリー号宇宙環境計測ミッション装置ミール(宇宙ステーション)JAXA筑波宇宙センターTenQ(テンキュー)宇宙ステーション補給機「きぼう」日本実験棟こうのとり(HTV)宇宙政策(ロシアの)Hオリオン(宇宙船)全天X線監視装置ディスカバリー号宇宙エレベータープログレス補給船Robonaut宇宙ステーションスペースシャトル

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際宇宙ステーション(ISS)の関連情報