コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際感染症 こくさいかんせんしょう

大辞林 第三版の解説

こくさいかんせんしょう【国際感染症】

国内に常在せず、予防・治療法が未確立のため致命率が高く、かつ伝染力も強いため、特別な防疫対策を講じる必要のある感染症。ラッサ熱・マールブルク病・エボラ出血熱など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国際感染症の関連キーワードマールブルク病エボラ出血熱ラッサ熱致命率

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際感染症の関連情報