コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際排出量取引制度

1件 の用語解説(国際排出量取引制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際排出量取引制度

政府や企業が他国で温室効果ガスを減らせば、自国での削減分とみなすことができる仕組み。現行の京都議定書で削減義務を負っている先進国にとっては、国内で削減し切れなくても、途上国側の排出削減のために資金を出して生まれた「排出枠」を得ることで、義務を達成したと認められる。先進国にとっては削減対策の選択肢が広がり、途上国には経済発展に向けた資金を獲得できる利点がある。

(2009-09-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone