コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際排出量取引制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際排出量取引制度

政府や企業が他国で温室効果ガスを減らせば、自国での削減分とみなすことができる仕組み。現行の京都議定書で削減義務を負っている先進国にとっては、国内で削減し切れなくても、途上国側の排出削減のために資金を出して生まれた「排出枠」を得ることで、義務を達成したと認められる。先進国にとっては削減対策の選択肢が広がり、途上国には経済発展に向けた資金を獲得できる利点がある。

(2009-09-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android