コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響

ICRPは2007年、緊急時には一般の人が浴びる被曝(ひばく)線量を年間20~100ミリシーベルトの範囲で対策を取るよう勧告した。100ミリシーベルトを上限にしたのは、この値を超えると、健康に影響が出る可能性があるため。500ミリシーベルトを超えると、リンパ球の減少などが起こるとされている。

(2011-04-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響の関連キーワードICRP

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android