コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際放射線防護委員会(ICRP)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際放射線防護委員会(ICRP)

1928年に前身の組織が生まれた。医療現場でエックス線の利用が広まり始めたころだった。50年にいまの組織に。主委員会と五つの専門委員会で構成され、世界約30カ国の専門家が無報酬で参加。運営費は各国にある約20の原子力の研究組織による資金援助が8割、残りは刊行物の収入。日本からは、主委員会のメンバーで震災後に福島に移住した丹羽太貫・京都大学名誉教授ら7人がいる。

(2014-03-21 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国際放射線防護委員会(ICRP)の関連キーワード放射線の線量限度と医療で使う放射線量毎時0.23マイクロシーベルト食品衛生法の暫定規制値国際放射線防護委員会日本アイソトープ協会局所被曝(ひばく)放射線防護の三原則放射線防護の基準特定避難勧奨地点放射線健康管理学1ミリシーベルト放射線と健康影響放射線障害防止法公衆被曝線量限度個人の線量限度被曝線量の基準ICRP新勧告非電離放射線最大許容線量ICNIRP

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際放射線防護委員会(ICRP)の関連情報