国際熱核融合実験炉(ITER)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際熱核融合実験炉(ITER)

日本、米国、ロシア欧州連合(EU)、中国、韓国、インドの7極が協力してフランス・カダラッシュで建設を進めている。50万キロワットの出力長時間実現するのが目標。総経費は約1兆7千億円で、日本は建設費の約9%、運転費の約13%を負担する。成功すれば原型炉の建設に進む。

(2009-07-24 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際熱核融合実験炉(ITER)の関連情報