コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際熱核融合実験炉(ITER)

1件 の用語解説(国際熱核融合実験炉(ITER)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際熱核融合実験炉(ITER)

日本、米国、ロシア欧州連合(EU)、中国、韓国、インドの7極が協力してフランス・カダラッシュで建設を進めている。50万キロワットの出力を長時間実現するのが目標。総経費は約1兆7千億円で、日本は建設費の約9%、運転費の約13%を負担する。成功すれば原型炉の建設に進む。

(2009-07-24 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際熱核融合実験炉(ITER)の関連キーワードローマ条約ITER欧州連合条約EEA欧州会計監査院欧州連合理事会ヨーロッパ議会 (European Parliament)ITER(イーター)北海道洞爺湖サミットアジア欧州会議(ASEM)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone