コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際航空連合(アライアンス)

1件 の用語解説(国際航空連合(アライアンス)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際航空連合(アライアンス)

幅広く業務提携している航空会社グループ。世界の主要航空会社のほとんどが「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」のいずれかに加盟している。同じグループの会社を利用すると、乗客は共通のマイレージポイントがたまる。航空会社には顧客の囲い込みにつながり、空港施設共同利用や燃料の共同購入などでコスト削減が可能。共同運航の場合、他社便の座席の一部を自社便の座席と同様に売ることができるため、営業上の利点もある。

(2009-09-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際航空連合(アライアンス)の関連キーワードAMRオープングループアメリカン航空業務提携コードシェア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際航空連合(アライアンス)の関連情報