コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際連合海洋法条約 こくさいれんごうかいようほうじょうやく

大辞林 第三版の解説

こくさいれんごうかいようほうじょうやく【国際連合海洋法条約】

正称、海洋法に関する国際連合条約。第三次国際連合海洋法会議(1973~82年)の結果、1982年に採択された条約。海洋の諸制度を包括的に規定。領海が最大一二海里とされたほか、排他的経済水域・大陸棚・深海底・群島水域等についても制度化。94年発効。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国際連合海洋法条約の関連キーワード二〇〇海里経済水域経済水域群島水域海洋法深海底大陸棚領海

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際連合海洋法条約の関連情報