コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際銀行間通信協会(SWIFT)

1件 の用語解説(国際銀行間通信協会(SWIFT)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際銀行間通信協会(SWIFT)

SocietyforWorldwideInterbankFinancialTelecommunicationの略。1973年に世界中の金融機関が出資・設立した組合。本部はベルギー。金融機関相互の取引に伴う情報伝達サービスを請け負う。209カ国・地域から約9千の金融機関が接続し、最近では国際的な企業も利用。年間38億件(1日1500万件)の案件を処理する。邦銀など日本の取引数量は世界9位。

(2011-08-07 朝日新聞 朝刊 関西総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際銀行間通信協会(SWIFT)の関連情報