コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際電信電話[株] こくさいでんしんでんわ

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいでんしんでんわ【国際電信電話[株]】

国際電信電話株式会社法(1952)に基づき1953年に創設された会社。略称KDD。新技術を積極的に導入し機動的経営を行うため,当初から民営会社として設立された。63年に衛星を利用した日米間テレビ中継に成功,64年には日米間で初の大容量同軸海底ケーブルを運用開始するなど,日本の通信技術の向上を図ってきた。また,日本を代表する電気通信事業者として,国際電気通信連合をはじめとする国際機関の活動に参画してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国際電信電話[株]の言及

【国際通信】より

…国際的取決めには,国際電気通信連合(ITU),国際電気通信衛星機構(INTELSAT(インテルサツト))などの国際機関の条約,協定,規則,勧告,運用協定および2国間または多国間の協定などがある。日本の国際通信は法律に基づいて設立された国際電信電話(KDD)が,1953年以来,業務提供を行っていたが,1985年の電気通信事業法の制定により新規参入が認められた結果,88年より日本国際通信株式会社(ITJ)および国際ディジタル通信株式会社(IDC)も国際通信業務を提供することとなった。さらに,97年から,法制度上,国内通信と国際通信との間の垣根が撤廃され,これまで国内通信業務を提供してきた各社も国際通信業務に進出することが可能になった。…

【特殊会社】より

第三セクターの一形態である。具体例として,日本たばこ産業株式会社,電源開発株式会社,関西国際空港株式会社,国際電信電話株式会社,日本電信電話株式会社,および旧国鉄の民営化により成立した東日本旅客鉄道株式会社などの各社がある。これらの企業は株式会社ではあるが,特定の行政目的を推進するために特別立法に基づいて設置され,主務官庁の規制を受ける。…

※「国際電信電話[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際電信電話[株]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android