コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園田 湖城 ソノダ コジョウ

20世紀日本人名事典の解説

園田 湖城
ソノダ コジョウ

大正・昭和期の篆刻家



生年
明治19(1886)年12月31日

没年
昭和43(1968)年8月25日

出生地
滋賀県大津市

本名
園田 耕作

別名
後名=穆,字=清郷,別号=平〓(ヘイアン),斎号=江左窟,穆如清風室,九石山房,黄竜硯斎

学歴〔年〕
京都市立第三高等小学校〔明治31年〕卒

経歴
父に印判を学び、大正3年ごろから独学で秦漢印を学んだ。10年藤井有鄰館主事に迎えられ中国古印「靄々荘蔵古璽印」「梅華堂印賞」などを整理、家蔵の古銅印普「古璽印々」などを編集した。昭和10年退職、篆刻に専心、京都印壇の盟主となった。平安書道会評議員、泰東書院審査員を務め、22年大阪で日本書芸院を創立、京都書道連盟を創設して会長。また日展審査員、日本書道連盟理事を歴任、同風印社を主宰した。代表作「遊魚出聴」「破草履」など、作品集「平〓(ヘイアン)印叢」「新選湖城先生作品全輯」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

園田 湖城 (そのだ こじょう)

生年月日:1886年12月31日
大正時代;昭和時代の篆刻家。日本書道連盟理事;京都書道連盟会長
1968年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

園田 湖城の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android