コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園田 湖城 ソノダ コジョウ

20世紀日本人名事典の解説

園田 湖城
ソノダ コジョウ

大正・昭和期の篆刻家



生年
明治19(1886)年12月31日

没年
昭和43(1968)年8月25日

出生地
滋賀県大津市

本名
園田 耕作

別名
後名=穆,字=清郷,別号=平〓(ヘイアン),斎号=江左窟,穆如清風室,九石山房,黄竜硯斎

学歴〔年〕
京都市立第三高等小学校〔明治31年〕卒

経歴
父に印判を学び、大正3年ごろから独学で秦漢印を学んだ。10年藤井有鄰館主事に迎えられ中国古印「靄々荘蔵古璽印」「梅華堂印賞」などを整理、家蔵の古銅印普「古璽印々」などを編集した。昭和10年退職、篆刻に専心、京都印壇の盟主となった。平安書道会評議員、泰東書院審査員を務め、22年大阪で日本書芸院を創立、京都書道連盟を創設して会長。また日展審査員、日本書道連盟理事を歴任、同風印社を主宰した。代表作「遊魚出聴」「破草履」など、作品集「平〓(ヘイアン)印叢」「新選湖城先生作品全輯」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

園田 湖城 (そのだ こじょう)

生年月日:1886年12月31日
大正時代;昭和時代の篆刻家。日本書道連盟理事;京都書道連盟会長
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

園田 湖城の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android