圓照寺

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

江戸時代初期、後水尾天皇長女文智女王が開いたと伝わる。臨済宗妙心寺派に所属する。三島由紀夫の小説「豊饒(ほうじょう)の海」に出てくる月修寺のモデルとされる。拝観寺院ではなく、普段は非公開だ。

(2020-07-03 朝日新聞 朝刊 奈良全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圓照寺の関連情報