コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐山[村] とさやま

世界大百科事典 第2版の解説

とさやま【土佐山[村]】

高知県中央部,土佐郡の村。人口1347(1995)。鏡川上流域に位置し,村の南縁は高知市,東縁は南国市に接する。四方を山に囲まれ,中央部を西流する鏡川の流域にわずかに耕地が開ける。かつては木炭,和紙,繭を産したが,近年はミョウガをはじめ,ユズ,たけのこ,ショウガなどの生産が多い。東端の鏡川最上流に鍾乳洞の菖蒲(しようぶ)洞があり,すぐ近くの初平(しよへい)ガ岩屋とともに弥生時代の遺物が出土した。北の土佐町との境にそびえる工石(くいし)山(1176m)にはシャクナゲの群落もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土佐山[村]の関連キーワード小笠原貞宗バフマニー朝ヨハネス[6世]バフマニー朝ルートウィヒ4世[バイエルン公]カレー(フランス)東福寺ルートウィヒ4世小笠原貞宗イクナートン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐山[村]の関連情報