コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐山[村] とさやま

1件 の用語解説(土佐山[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とさやま【土佐山[村]】

高知県中央部,土佐郡の村。人口1347(1995)。鏡川上流域に位置し,村の南縁は高知市,東縁は南国市に接する。四方を山に囲まれ,中央部を西流する鏡川の流域にわずかに耕地が開ける。かつては木炭,和紙,繭を産したが,近年はミョウガをはじめ,ユズ,たけのこ,ショウガなどの生産が多い。東端の鏡川最上流に鍾乳洞の菖蒲(しようぶ)洞があり,すぐ近くの初平(しよへい)ガ岩屋とともに弥生時代の遺物が出土した。北の土佐町との境にそびえる工石(くいし)山(1176m)にはシャクナゲの群落もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土佐山[村]の関連キーワード浦戸湾高知平野須崎仁淀川高知土佐土佐清水本土佐稲叢山土佐さめうら

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone