土屋 義郎(読み)ツチヤ ギロウ

20世紀日本人名事典の解説

土屋 義郎
ツチヤ ギロウ

大正・昭和期の洋画家 山梨美術協会名誉会長。



生年
明治33(1900)年3月25日

没年
平成3(1991)年9月18日

出生地
山梨県

学歴〔年〕
山梨師範学校卒

経歴
洋画家の岸田劉生木村荘八に画を学び、大正11年岸田らが主宰する草土社展に入選したのをきっかけに上京。以来、春陽会展などに作品を出展し、昭和22年同会会員に推された。昭和12年同郷の画家・望月春江らとともに山梨美術協会を結成。戦後は山梨県に帰り、同会長や同名誉会長を歴任した。作品に「あざみ」「ざくろ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android