コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋安親(初代) つちや やすちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋安親(初代) つちや-やすちか

1670-1744 江戸時代前期-中期の装剣金工。
寛文10年生まれ。生地出羽(でわ)庄内(山形県)の佐藤珍久(よしひさ)に師事し,元禄(げんろく)16年江戸にでて奈良辰政に入門。作品は鐔(つば),小柄(こづか),縁頭(ふちがしら),目貫(めぬき)などにおよび,奈良利寿(としなが),杉浦乗意(じょうい)とともに奈良三作といわれた。延享元年9月27日死去。75歳。通称は弥五八。号は東雨(とうう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土屋安親(初代)の関連キーワードマルケス延享カルナータカ戦争北条氏長RGBクレメンス10世隠元宗因ラファイエット夫人RGB

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android