コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋安親(初代) つちや やすちか

1件 の用語解説(土屋安親(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋安親(初代) つちや-やすちか

1670-1744 江戸時代前期-中期の装剣金工。
寛文10年生まれ。生地出羽(でわ)庄内(山形県)の佐藤珍久(よしひさ)に師事し,元禄(げんろく)16年江戸にでて奈良辰政に入門。作品は鐔(つば),小柄(こづか),縁頭(ふちがしら),目貫(めぬき)などにおよび,奈良利寿(としなが),杉浦乗意(じょうい)とともに奈良三作といわれた。延享元年9月27日死去。75歳。通称は弥五八。号は東雨(とうう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土屋安親(初代)の関連キーワードマルケス延享北条氏長RGBRGB土屋安親土屋安親土屋安親土屋安親土屋安親

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone