コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋安親(2代) つちや やすちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋安親(2代) つちや-やすちか

1695-1747 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)8年生まれ。佐藤珍久(よしひさ)の孫。初代土屋安親の子。祖父にやしなわれ,21歳のとき江戸にでて父の指導をうける。延享4年2月1日死去。53歳。出羽(でわ)庄内(山形県)出身。初名は安信。通称は弥市郎,のち弥五八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土屋安親(2代)の関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニー安保理決議1695と1718カンファイスカンプハイス桃林堂蝶麿アルノーポール・ロアイヤル運動ボクシングヘンミ竹田出雲(初代)