土屋安親(2代)(読み)つちや やすちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋安親(2代) つちや-やすちか

1695-1747 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)8年生まれ。佐藤珍久(よしひさ)の孫。初代土屋安親の子。祖父にやしなわれ,21歳のとき江戸にでて父の指導をうける。延享4年2月1日死去。53歳。出羽(でわ)庄内(山形県)出身。初名は安信。通称は弥市郎,のち弥五八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android