土師原 穆秀(読み)ハシハラ ボクシュウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の僧侶 浄土寺住職。



生年
明治10(1877)年8月29日

没年
昭和12(1937)年1月13日

出身地
兵庫県

学歴〔年〕
真言宗各派連合大学林(高野山大学)卒

経歴
真宗京都高等中学校、真言宗各派連合大学林に学ぶ。卒業後、真言宗事相研究生となり各地伝授、のち真言宗宗会議員、総本山金剛峰寺耆宿、播磨宗務支所長、総本山執行、古義真言宗総務などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android