コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方歳三と宇都宮

1件 の用語解説(土方歳三と宇都宮の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

土方歳三と宇都宮

土方歳三(1835~1869)は新選組の副長として幕末を生きた。旧幕府側と明治新政府軍が戦った戊辰戦争では、一軍を率いて宇都宮へ。新政府軍の拠点だった宇都宮城を奪おうと攻防戦の先頭に立った。城を取り戻そうとした新政府軍に敗れて負傷。その後、今市(現日光市)から会津に逃れ、函館の五稜郭で戦死した。享年35歳だった。

(2010-09-24 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土方歳三と宇都宮の関連キーワード伊東甲子太郎新撰組芹沢鴨土方歳三沖田総司土方新撰組(新選組)佐藤彦五郎藤堂平助土方雄興

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone