コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥原=秦徳純協定 どひはら=しんとくじゅんきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥原=秦徳純協定
どひはら=しんとくじゅんきょうてい

1935年6月 27日日本軍特務機関長土肥原賢二と中国国民政府の察哈爾 (チャハル) 省主席代理秦徳純の間で取りかわされた協定。6月5日多倫から張家口に向かっていた関東軍特務機関員数名は,途中張北で所定の通過査証を所持していなかったため1日間,宋哲元の軍によって監禁された (第2次張北事件) 。この事件を口実として日本軍は,梅津=何応欽協定に引続き,6月 23日国民党の察哈爾省撤退,長城線以北からの宋軍の撤退などを要求した。 27日秦徳純はこの要求に対し,(1) 張北事件に関し遺憾の意を表し責任者を免職する,(2) 日中国交に不利な影響を及ぼす機関の察哈爾省からの撤退,(3) 日本側の察哈爾省内における正当な行為の尊重,(4) 満州国国境付近からの宋軍の撤退,(5) 以上の撒退を6月 23日から2週間以内に完了するなどを回答し協定は成立した。これによって日本軍は満州から華北への南下を本格的に開始し,大陸全土への進出を公然と進めるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

土肥原=秦徳純協定の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android