コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土谷一光(初代) つちや いっこう

1件 の用語解説(土谷一光(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土谷一光(初代) つちや-いっこう

1809-1882 江戸後期-明治時代の陶工。
文化6年生まれ。越中富山藩主前田利保(としやす)につかえ,一光の号をあたえられる。安政のころ埴生(はにゅう)焼の竹亭窯の製陶をたすけた。文久2年加賀金沢藩主前田斉泰(なりやす)に御用唐津師としてつかえ,ついで金沢鶯谷,京都で製陶に従事した。のち横萩と改姓。明治15年死去。74歳。越中出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土谷一光(初代)の関連キーワード家永熊吉入谷澄士奥平鶯居狩野水子柴田游翁昇斎一景関直吉堤玄徳椿月杵徳含

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone