コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土谷一光(初代) つちや いっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土谷一光(初代) つちや-いっこう

1809-1882 江戸後期-明治時代の陶工。
文化6年生まれ。越中富山藩主前田利保(としやす)につかえ,一光の号をあたえられる。安政のころ埴生(はにゅう)焼の竹亭窯の製陶をたすけた。文久2年加賀金沢藩主前田斉泰(なりやす)に御用唐津師としてつかえ,ついで金沢鶯谷,京都で製陶に従事した。のち横萩と改姓。明治15年死去。74歳。越中出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土谷一光(初代)の関連キーワード明治時代陶工

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android