土谷一光(2代)(読み)つちや いっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土谷一光(2代) つちや-いっこう

1850-1924 明治-大正時代の陶工。
嘉永(かえい)3年生まれ。初代土谷一光の長男。明治12年京都から金沢鶯谷にうつる。さらに富山県で安居(やすい)焼を指導し,のち金沢にもどって,原呉山(ござん)に楽焼をまなぶ。29年京都にうつり彫刻陶を製作した。大正13年死去。75歳。本名は横萩徳松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android