土負蜆・溝蜆(読み)どぶしじみ

精選版 日本国語大辞典の解説

どぶ‐しじみ【土負蜆・溝蜆】

〘名〙 マメシジミ科の淡水産二枚貝。本州から九州の泥の多い河川や池沼にすむ。殻長約八ミリメートルの丸みのある小形の貝。殻は薄く、表面は淡灰色または淡灰褐色で光沢があり、内面は青白色。胎生で幼貝は外鰓(がいさい)の中で成長する。利用価値はない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android